WWW を検索 奈良県立大学サイト内を検索
HOME > 公開講座・出前講義一覧 > 出前講義のご案内
コミュニティデザインコモンズ 出前講義 一覧


コミュニティデザインコモンズ
講義タイトル 概   要 講  師
地域をつなぐ国際協力 「子どもには幸せになって欲しくて勉強させるが、遠くの学校に行かせたら帰ってこない。帰ってきても仕事がない。どうしたらいい?」日本の国際協力NGOが活動するインドのある村の村長さんの言葉です。それぞれの国には異なる課題がありますが、同時に国境を越えて共通する課題も存在します。よりよい社会づくりに向けて、お互いに学び合う国際協力のあり方を考えます。 亀山 恵理子
准教授
インドネシア語を学んでみよう 人口2億4000万人を抱える東南アジア最大の国、インドネシア。多様な民族が暮らすこの国には、さまざまな言語や文化がみられます。多民族国家であるインドネシアで公用語として広く普及しているのがインドネシア語です。講義では、インドネシア語での簡単な挨拶や自己紹介を学ぶとともに、インドネシアの文化・社会についても紹介します。 亀山 恵理子
准教授
超高齢社会における都市の
地域コミュニティとは?
わが国では超高齢社会・人口減少社会に突入しているが、これからの人口変化は都市部で大きく現れ、従来の地縁や血縁に依拠する様々な取り組みでは対応できない課題が増大するものと思われる。そこで、今後、都市の高齢化・人口減少などの変化について問題を提起し、それをもとに、地域コミュニティとして考え、取り組んでいかなければならないことは何か、事例紹介を含めて皆さんとともに考察する。 佐藤 由美
准教授
さまざまな高齢者住宅の出現と現在・未来 高齢化の進展・介護の社会化とともに、高齢期の居住形態も多様化し、その時代の要請に応じて様々な高齢者住宅が生まれてきた。そこで、その背景となる高齢者居住政策における住宅・福祉の連携の変遷をたどるとともに、今日の高齢者住宅の種類や位置づけ・特徴、選び方、さらには高齢期の居住における課題について全国の事例をもとに考察する。 佐藤 由美 
准教授
公共政策学の基本的な考え方 公共政策学の基本的な考え方と政策立案の手法について分かりやすく講義する。人数等の条件が揃えば、グループ活動を取り入れるなどして、双方向的な講義を行いたい。 高津 融男
准教授
市民主導の地域活性化 人口減少という大きな課題に直面している現在、行政頼みではなく市民主導の地域活性化が必要とされている。公共的な活動に要する資金を自前で調達し、継続的に収益を生む事業を行い、地域への再投資を行う。このような活動事例を紹介しながら、そえぞれの地域で何ができるのかを検討する。 高津 融男
准教授
コミュニティ研究
-人のつながりを学ぶこと-
本講義は、コミュニティを対象とした研究と教育の実践例を示すものである。コミュニティ研究は、言い換えれば、人のつながりとへだたりに関する歴史と現状を明らかにしようとするものである。このようなテーマは、研究対象を客観的に明らかにするだけでなく、それを学ぶ者(教員や学生)もまた、自らがつながりの存在であることを自覚せしめるものである。 玉城 毅
准教授
現代日本の民主主義 民主主義の理念から、日本の現状を批判的に考察する。 堀田 新五郎
准教授
社会調査入門 現在、社会では様々な場面で社会調査(アンケート調査等)によるデータが用いられています。それに伴い、正しく調査を行うため、また、それらの調査データを正しく読み解くための調査・統計リテラシーを身につける必要性が高まっています。この講義では、ご要望に応じて、社会調査の方法や、社会調査データの正しい読み解き方についての講義を行います。 梅田 直美
講師
日本の地方自治と奈良モデル 1990年代から始まった日本の地方自治における制度改革は、2000年代に入り人口減少時代が始まったことにより、日本の地方自治体は、これまでの行政サービスを住民に提供することが困難になっています。そこで、本講座では、奈良県が取り組んでいる「奈良モデル」という新たな取り組みを紹介しながら、今後、日本の地方自治の形はどのようにあるべきかを一緒に考えていきたいと思います。 鶴谷 将彦
講師