WWW を検索 奈良県立大学サイト内を検索
HOME > 大学案内
2014年度 Commons 


これまでにないユニークな教育システム
 平成26年度より4つの領域「観光創造」、「都市文化」、「コミュニティデザイン」、「地域経済」のコモンズを開設します。 「人と社会の未来を創る」という本学の建学理念に基づき、地域や観光に関する教育・研究を通じて地域に貢献できる優れた人材を育成します。

コモンズとは、テーマごとに学生と教員が集う学びの共同体 
「この学問領域をとことん追求したい」という志向に応えます。



観光ビジネス・政策、地域資源、アジア・グローバル観光交流
「観光創造コモンズ」学びのポイント
□ 観光に関する専門的かつ体系的な知識や分析力を習得
□ 柔軟な思考能力やコミュニケーション力、実践力を身につける
□ 観光産業や行政、各種団体において活躍できる人材を育成

授 業
観光ビジネス・地域資源・アジアの3つの分野
実 習
明日香村を舞台に学生と地域の人たちが協働して着地型観光を創造する。
ゼ ミ
対話型少人数教育
地域交流を通じた積極的なゼミ
 観光創造の領域には、「観光ビジネス・政策」「地域資源」「アジア・グローバル観光交流」の3つの分野があります。主な科目として「観光ビジネス・政策」では観光経済学や交通産業論、「地域資源」では文化遺産論や観光資源論、「アジア・グローバル観光交流」では国際ツーリズム論や観光人類学などの講義が開講されます。  さまざまな地域をフィールドとして活動します。特に、奈良県明日香村では、新しい観光スタイルとしての着地型観光を地域の人たちと協働して企画運営します。小中学生を対象とした「歴史ガイドツアー」や「地域交流イベント」など地域に根ざしたさまざまな活動を実施します。  ゼミでは、対話型少人数教育を基本として専門的知識と高度な思考能力を養うためのゼミ演習科目が設定されています。2・3年次生の合同ゼミによる学年横断的な学習、独自テーマを設定しての地域・観光調査演習、学生が自ら選択する各種フィールドワーク科目やインターンシップなど、より実践的な能力を身につけます。



都市社会史、メディア・表象、アート・アミューズメント
「都市文化コモンズ」学びのポイント
□ 今を問うことは歴史を紐解くこと。都市文化の発展の道筋を理解
□ メディアやアートから都市文化の特徴や問題にアプローチ
□ 都市文化の創造に取り組むための豊かな感性と構想力を育む

授 業
都市文化の発展の道筋を理解し、メディアやアートから都市文化の特徴や問題にアプローチします
実 習
奈良市や近接諸都市をフィールドとして、過去、現在、未来の都市文化を探究する
ゼ ミ
都市文化は学びの「宝庫」。ゼミでの活発な議論が深い学びを導きます
 本領域の主な科目として、「都市社会史」では都市文化史、近代社会経済史、「メディア・表象」ではメディア文化論、都市表象論、「アート・アミューズメント」ではミュージアム論、文化アトラクション論などの科目が開講されます。また、領域横断科目として、文化政策論、イベント・プロデュース論などがあります。  都市文化について実地に調査し、収集した資料・データを分析します。都市文化の歴史的な成り立ち、現在の都市における文化の働きや役割、イベントや文化事業の実践などについて、奈良市や近接する諸都市(大阪、京都、神戸など)をフィールドとして調査や実習を行い、都市文化を具体的により深く探究していきます。  都市文化は、多様な領域が影響しあって成り立っています。ゼミの活動を通して、互いの異なる関心と知見をぶつけ合い、より高次の問題意識を打ち立てます。また、都市文化の魅力を高めるための諸方策を立案する構想力や、柔軟な発想と高い感性のもとに異なる文化要素を結びつけて新たな価値を生みだす創造力を培います。



コミュニティ政策、持続可能な山村、福祉コミュニティ、多文化共生
「コミュニティデザイン コモンズ」学びのポイント
□ 地域コミュニティの福祉の課題を明らかにして有効な対策を考え提案
□ 国内や海外の多文化共生コミュニティのより良い在り方を考え実践
□ 持続可能な地域コミュニティの在り方と公共部門の役割や仕組みを考える

授 業
公共政策・持続可能性・福祉・多文化共生の4つのテーマでコミュニティデザインを学ぶ
実 習
コミュニティデザインの視点からより良い未来を考え実践する
ゼ ミ
複数教員による対話型教育で理論と実践の両方を集中的に学ぶ
 本領域は4つのテーマからなります。地域と行政の関わりを考える「コミュニティ政策」、農山村集落の持続可能性を調査研究する「持続可能な山村コミュニティ」、社会的弱者の視点から地域の福祉を考える「福祉コミュニティ」、多様な文化的背景をもつ人々の共生を研究する「多文化共生コミュニティ」です。  フィールドワークは、奈良県内の市町村をはじめ、国内外の幅広い地域で実施します。
対象は、農山村集落、都市コミュニティ、災害復興地域、外国人集住地区などテーマに沿って設定し、そこに住む人々とコミュニケーションをとりながら、一緒にコミュニティの未来をかたちづくるプログラムが基本となります。
 ゼミでは、複数教員の指導による対話型少人数教育を行います。コミュニティデザインに関する広く専門的な知識と実践力を身につけ、学年という枠をこえて学習と実践活動を実施します。地域と連携したプロジェクトを推進し、学生が主体的におこなうフィールドワークやインターンシップなどで実践的な思考を養います。



地域経済、地域産業、流通・マーケティング
「地域経済コモンズ」学びのポイント
□ グローバルな視点から地域経済を学ぶ
□ 生活者の視点から地域経済を理解する
□ 地域経済の仕組みを考える

授 業
「経済」と「経営」から地域経済の諸課題を学ぶ
実 習
地域振興や活性化の取り組みを学ぶ
ゼ ミ
経済学・商学・会計学・経営学の各分野から地域経済の理解に必要なことを学ぶ
 専門講義科目は「経済」と「経営」の2分野に分けられ、複雑化、多様化する地域経済の諸課題と、地域活性化や地域振興の諸方策を検討します。また、地方財政のあり方や地域経済の特色だけでなく、世界経済の動向から地域経済がどのような影響を受けるかなどについても解説していきます。  地域で特産品の開発や流通を担っている組織や産業育成を担っている団体などの協力と支援のもと、特産品の加工や製造、販売にはどのような諸問題があるのか、地場産業の育成や産地の形成にはどのような支援が必要となってくるのか、という事柄について具体的な事例に基づいて学び、可能な提言を行います。  地域経済を考察するには、それぞれの地方財政のあり方や地域経済の特色について理解するだけでなく、国際経済からの影響についても考慮していく必要があります。ゼミでは地域経済の理解に必要な各分野の基本的な知識を習得したうえで、今日的問題を取り上げ、その経緯や背景、影響について学びます。