WWW を検索 奈良県立大学サイト内を検索
HOME > 在学生のみなさまへ
語学研修


「海外語学研修単位認定制度」概要
1.海外語学研修単位認定制度とは

学外において個人的に参加した海外語学研修について、一定の条件の下に単位を認定する制度です。

2.認定される単位
  

ファンダメンタルセクションの「外国語」分野の4単位として認められます。
※1年間の履修登録制限(48単位)とは別枠として認められます。

3.認定される海外語学研修  

次の条件を満たす海外語学研修が認定の対象となります。
  • 海外での4週間以上の「語学研修」であること。
  • 語学学校、大学付属の語学研修機関など語学教育を専門とする機関での研修であること。
  • 対象言語は、日本語以外の外国語すべてです。
※2週間を2回などの合算で4週間以上とすることはできません。
※ワーキングホリデー、ホームステイ、大学学部などへの通常の留学等は対象となりません。
※申請年度以前に参加した海外語学研修は遡って認定されません。

4.申請方法

次の文書の提出が必要です。
  • 研修に参加した機関が発行する「修了証(certificate)」(コース名、実施期間が明記されていること)。後に返却します。
  • 研修内容が確認できるパンフやプログラムなどの資料。後に返却します。
  • 報告書(2,000字程度で研修内容、現地での生活や経験について自ら説明するもの)
※渡航前の届け出が必要です。帰国後にこれらの書類を提出し、審査します。

5.認定時期

夏期休業中の実施については前期分、学年末休業中の実施は後期分として認定されます。
成績については、上に述べた3つの提出書類を総合的に判断して審査します。
従って、十分な研修成果が得られていないと判断される場合には単位認定されないこともあります。
                                                                 6.留意事項

  • 複数回の語学研修に参加しても、単位認定は1回しか認められません。
  • 本学の学業期間中や休学中に参加したものについては認められません。
  • 4年次生については、4年次の学年末休業中に参加しても単位認定の対象となりません。